プロレス生活

新日本プロレスを中心に、思うところを書き連ねています。

新日本が国内団体との交流に舵を切るのか?

 

新日本プロレス及びGLEATの両団体より、驚きのニュースが報じられました。7月1日に正式な旗揚げ戦を迎える振興団体のGLEATですが、メインイベントに登場する伊藤貴則選手の対戦相手がXとされていました。そしてそのXが新日本プロレスのSHO選手だということが発表されました。

GLEATとは?

一部で既にコアなファンを獲得しつつあるGLEATですが、まだまだ馴染みのない方も多いかもしれません。この団体の運営会社はリデットエンターテインメントです。リデットエンターテインメントは2020年2月まではNOAHの運営に携わっていました。NOAHをサイバーエージェントに譲渡した後、2020年8月に新団体GLEATの設立を発表しました。田村潔司選手と長州力さんがこの団体に関わっていること、2020年8月に団体設立を発表し、旗揚げ戦は1年近く後の2021年7月としたこと、そしてGLEATと書いて「グレイト」という読み方など、当初はよくわからない団体という印象でした。また、通常のプロレスルールでのG PROWRESTLINGとUWFルールでのLIDET UWFが混在するなど、どこへ向かうのかが見えてこなかったのも事実です。しかし、プレイベントをこなしていく中で徐々に注目度を高め、今回の旗揚げ戦に至りました。

旗揚げ戦メインイベント

SHO選手が登場する試合は、正式な旗揚げ戦のメインイベント、対戦相手はGLEATの第一号の所属選手でエース格の伊藤貴則選手です。180センチ115キロとSHO選手よりも一回りから二回り大柄な選手です。WRESTLE-1、プロレスリングA.C.E、そしてGLEATといわゆるインディー団体を渡り歩いている伊藤選手からすると、新日本プロレスでデビュー、海外遠征を経験し、直前までジュニアタッグのベルトを巻いていたSHO選手は超エリートコースでしょう。自らの団体に外敵として来襲するSHO選手、しかも旗揚げ戦メインイベントという、今後の団体の行方を左右するほどの大事な試合には絶対に負けられないという意識で向かってくるでしょう。熱い戦いが期待されます。

GLEATと新日本との関係

今回のSHO選手の参戦は全く予想していませんでした。どういう関係で声が掛かったのか、GOサインが出たのかも謎です。しかし一つ言えることは、新日本が国内団体との交流に再び舵を切りつつあるということです。その第一歩として、旗揚げ戦を迎えるGLEATが選ばれたのでしょう(まさか旗揚げのご祝儀で選手の貸し出しというわけではないでしょう)。

今回の試合はLIDET UWFルールで行われます。GLEATではG WRESTLINGルールで闘う選手とLIDET UWFで闘う選手が色分けされているわけではないようです。今後、新日本の他の選手も参戦する可能性もあるのかもしれません。場合によってはワト選手や上村選手、辻選手などの若手を派遣し、GLEATのトップ戦線で試合をすることで(再)武者修行という形も取れるように思います。YOH選手が参戦し、GLEATのベルトを奪ってくるという展開もあるかもしれません。期待はどんどん膨らみます。今後の展開が楽しみです。

他の人気プロレスブログはここをチェック!クリックで応援していただけましたら嬉しいです。


プロレスランキング

 

ディック東郷選手のことをよく知ることができます。オススメです。

 

KIZUNA ROAD後半戦のカードはどうなる?

 

6月14日のKIZUNA ROAD 2021後楽園ホール大会から行われていたヤングライオン試練の五番勝負は6月23日後楽園ホール大会で終了しました。ヤングライオン卒業試験とも見られていたこの五番勝負を終え、今後のマッチメイクはどうなっていくのでしょうか。以下の3点について検討してみます。

ヤングライオンの扱いの変化

試練の五番勝負ではともに全敗でしたが、対戦した多くのレスラーから有形無形のエールをもらいました。結果は出ませんでしたが、爪痕は十分に残したと言えるでしょう。これをもってヤングライオン卒業となる可能性が非常に高いです。6月24日か25日に仙台サンプラザホール大会以降のKIZUNA ROAD 2021後半戦のカードが発表されるでしょう。同時に、辻選手、上村選手の海外武者修行が発表されるのではないかと期待しています。仮に海外武者修行に行けない場合であっても、ヤングライオンを卒業した新コスチュームで現れる可能性が非常に高いと思います。とはいえ、上村選手は黒のショートタイツが似合っているのでそのままでいてほしいという気持ちもあります。

そして、そろそろ中島選手も復帰する頃ではないでしょうか。セコンド業務についていなかったのが気がかりですが、サプライズで復帰ということに期待したいと思います。中島選手が怪我をしたのは2月14日の試合でした。肘の脱臼の場合、一般的には全治3ヶ月から6ヶ月と言われています。単純な計算だと、怪我からすでに4ヶ月が経過していますので、順調に回復していれば完治していてもおかしくありません。もちろん、再び同じ怪我をしないためのトレーニングをする期間を考えるともう少し伸びる可能性はありますが。 

本隊 vs CHAOSの全面戦争

共闘することが多くなった本隊とCHAOSですが、全面戦争になる可能性が出てきました。石井選手はもともと本隊側とは距離を置いており、本隊を腰抜け呼ばわりすることで今回の全面戦争のきっかけを作りました。当初は石井選手だけが本隊を挑発する形でしたが、6月23日のバックステージでは後藤選手、YOSHI-HASHI選手も本隊に対して挑発的な言葉を発しています。

 後藤「相手にとって・・・不足ありだな、オイ」

YOSHI-HASHI「昨日は言ったよ。やってやるって言ったよ。でもね、なんか今日闘って、ベルト懸ける価値がねぇんじゃねぇかなと思っちゃったよ。どうだろう?」

後藤「それでもよ、大先輩だから敬意を持って叩き潰すよ」

新日本プロレス公式サイトより) 

彼らの挑発が第三世代やGBHに火をつけています。今はデーンと構えている感もある第三世代ですが、石井選手のいうように本隊側からも本格的な挑発が出てきた時、NEVER6人タッグをめぐる6人だけでなく、周囲のメンバーにも飛び火していくようにも思います。しばらく共闘の時代が続いたので、ある意味では展開に新鮮味を帯びてきました。

 

その他にも3Kの二人はどう動くのか、ジュニアタッグの次の挑戦者チームは誰になるかなど、興味は尽きません。まずは、正式なカード発表を楽しみに待ちたいと思います。

他の人気プロレスブログはここをチェック!クリックで応援していただけましたら嬉しいです。


プロレスランキング

 

ディック東郷選手のことをよく知ることができます。オススメです。

 

CHAOSと本隊チームの前哨戦

 

6月22日後楽園ホール大会のバックステージで、石井選手からある要求が出されました。翌23日で予定されているCHAOS vs BULLET CLUBの追撃戦のカードを変更しろというものでした。

前哨戦と追撃戦

近年の新日本プロレスのマッチマークは、タイトルマッチに向けた前哨戦が中心に据えられています。タイトルマッチがシリーズ最終戦やWRESTLE KINGDOM IN TOKYO DOMEなどの単発ビッグマッチに行われる場合はいいのですが、シリーズ中に開催される場合はタイトルマッチ後にも前哨戦と同じような顔合わせの追撃戦が行われることは珍しくありません。もちろんそれには理由があるでしょう。通常の大会ではあらかじめ対戦カードを発表しておく必要があります。タイトルマッチ前後で全く異なるカードになっていると、あ、会社はこの選手がタイトル防衛(奪取)すると見ているんだな、とあらぬ推測を誘発しています。そうしたこともあって、いわゆる追撃戦が組まれることが多いのでしょう。

CHAOSと本隊の全面戦争

石井選手の要求が通るかどうか注目していましたが、本日のカードが変更されたとの発表がありました。

結果、NEVER6人タッグチャンピオン&矢野通オカダ・カズチカvs第三世代&GBHという10人タッグマッチになりました。石井選手は以前から本隊のクズどもと挑発していました。また、22日のバックステージでは第三世代の3人のことを3バカと言い放ち、また、本隊にはまだクズどもがいるな、と本隊全員に対して挑発的な言葉を投げかけました。これに対し、反応した選手がいました。

本間選手は今回のタイトルマッチに絡んでいませんが、今後行われるであろう前哨戦ではCHAOSチームとぶつかることが多くなってくると思われます。石井選手の挑発が本間選手の闘争心にも火をつけることになりました。

 

今回のカード変更はファンにとっても期待を持たせるものではないでしょうか。石井選手とディック東郷選手のマッチアップをまだまだ見たいという人もいるでしょうが、追撃戦は要らないと感じている人も多いことでしょう。私は今回のカード変更をポジティブに捉えています。

他の人気プロレスブログはここをチェック!クリックで応援していただけましたら嬉しいです。


プロレスランキング

 

ディック東郷選手のことをよく知ることができます。オススメです。

辻陽太、ブリティッシュスタイルに挑む

 

辻陽太試練の五番勝負4戦目の相手はザックセイバーJr.選手でした。6月22日後楽園ホール大会で向かい合った二人ですが、体格では明らかに辻選手が上回っています。

ベルト挑戦のチャンス

6月20日のリリーアリーナMITO大会でのバックステージで、タイチ選手、ザック選手から辻選手、上村選手の名前が出されていました。曰く、この日のシングルマッチでどちらかが勝ったら次にIWGPタッグに挑戦させてやると。 

この発言の背景には、もちろん辻選手と上村選手を高く評価しているという部分はあるでしょう。しかし、ヤングライオンの二人の名前を出すことで、挑戦が決まっている内藤選手、SANADA選手を挑発しているという面が大きいかと思います。

しかしながら、リング上では辻選手がザック選手のベルトを指さしてアピールをします。およそヤングライオンらしくない行動ですが、その姿からは辻選手からの強い気持ちが感じられました。いい試合をするのではない、勝ってIWGPタッグ挑戦権をもぎ取るのだと。

辻が見せたテクニシャンの片鱗

辻選手は見た目によらず、メキシコ志向が強いことはよく知られています。この試合でもルチャの動きやテクニックを随所で見せつけました。しかしテクニックは残念ながらザック選手の足元にも及びません。辻選手はまるで子供のように扱われてしまいます。それでも果敢に挑む辻選手の動きがザック選手のそれを上回る瞬間が何度かありました。

 

辻選手はこのザック選手から学ぶことも多いはずです。確かにパワーでは辻選手の方が優っているが、パワーだけでなんとかなるような相手ではありません。 この日のザック選手は、まるで辻選手に指導をしているコーチのようにも見えました。ザック選手はリバースゴリースペシャルに捕らえられますが、肩車状態になってからのスタンディング首4の字固めに入ります。まさかの入り方での首4の字固めでしたが、これで勝負は決まってしまいます。「辻、攻撃してる時も油断するなよ」とでも言っているようにも見えました。ザック選手は試合後に辻選手を称え、ご機嫌でバックステージに向かいました。そして上村選手の時と同じく、辻選手を自分の道場に勧誘したのです。

 ザック選手のブリティッシュスタイルは辻選手の目指すメキシコスタイルとは異なりますが、今回の試合で多くのことを学んだことでしょう。今後、辻選手がメキシコ遠征に出発できるかどうか不透明ですが、きっとこの日の経験が生きる日が来るはずです。そして辻選手がアレナ・メヒコのリングに立てる日は来るのでしょうか。

 

他の人気プロレスブログはここをチェック!クリックで応援していただけましたら嬉しいです。


プロレスランキング

 

ディック東郷選手のことをよく知ることができます。オススメです。

上村優也はタイチ部屋に入門するのか?

 

6月22日のKIZUNA ROAD 2021 後楽園ホール大会では、ヤングライオン試練の五番勝負4戦目が行われました。上村vsタイチ、辻vsザックセイバーJr.と、6月15日の後楽園ホール大会での対戦相手を入れ替えた形になります。ヤングライオンの2人はIWGPタッグ王者とどのように闘ったのでしょうか。

どうでもいいカード

タイチ選手は6月20日のリリーアリーナMITO大会でのバックステージで、この日の試合のことを「どうでもいいカード」と表現しています。

タイチ「そんなことより次、俺は上村、ザックは辻(とのシングルマッチ)、後楽園(6.22)で。そんなどうでもいいカード。どっちか、俺らから(勝利を)獲ったら、先に(IWGPタッグ挑戦を)やらせてやるよ、内藤、SANADAよりも」
ザック「いいねぇ。ツジかウエムラ、どちらでもいい。俺らに勝ったら挑戦者チーム変更だ。次のチャレンジャーに迎えてやる」
タイチ「すぐにやらせてやる」

新日本プロレス公式サイトより)

上村選手は試合開始早々からタイチ選手を攻め立てます。解説席に座ったデスペラード選手が「ここまでとは思わなかった」と評価するほどの上村選手の攻撃。それがタイチの闘志に火を付けることになりました。デスペラード選手も感心するような会心のハイキックが決まり、上村選手はグロッキー状態に陥ります。タイチ選手は上村選手に対し、まるでありし日のジャンボ鶴田さんを彷彿させるような拷問コブラを決めます。最後はタイチ式ラストライドからの川田式押さえ込みで試合が決しました。

タイチ部屋への勧誘 

6月15日後楽園ホール大会のバックステージで、ザック選手は上村選手に対して「俺から一つ提案だ。ユーヤは俺の道場に来い。テッカーズの全てを叩き込んでやる。」というコメントを残しました。そしてこの日、上村選手にはタイチ選手からも勧誘の言葉がありました。

タイチ選手はいつものように相撲に例えながらコメントを残しています。もちろんリップサービスはあるでしょうから額面通りに受け取ることはできません。しかし、ザック選手、タイチ選手のIWGPタッグ王者の2人からともに「自分のところで鍛えてやる」と勧誘されれば、上村選手も悪い気分はしないでしょう。もちろん、鈴木軍のヒールファイトが解せない部分があるのは確かでしょう。しかし、鈴木軍に入ってボスの鈴木みのる選手やザック選手からテクニックを学ぶことができるとなると、上村選手にとっては魅力的な環境なのかもしれません。しかし、上村選手は別の環境で修行し、再び鈴木みのる選手やザック選手、タイチ選手の前に向かうと想像しますが、果たして上村選手はどういう答えを出すのでしょうか。

 

他の人気プロレスブログはここをチェック!クリックで応援していただけましたら嬉しいです。


プロレスランキング

 

ディック東郷選手のことをよく知ることができます。オススメです。

 

第三世代がNEVER6人タッグに挑戦表明

 

6月22日のKIZUNA ROAD 2021 後楽園ホール大会メインイベント、NEVER6人タッグ選手権試合終了後、あの男たちがやってきました。

本隊の腰抜けども

ことの発端は6月2日ROAD to DOMINION 後楽園ホール大会のバックステージでした。この日、ロスインゴ組の挑戦を退けたCHAOSチームでしたが、石井選手がバックステージで本隊を挑発しました。  

石井「見たろ? これでCHAOS、鈴木軍、BULLET CLUB、ロス・インゴ、次はどこだ? 本隊の腰抜けどもか? どこでもいい、誰でもいいよ。そう簡単に俺ら潰せねぇよ。なぁ?」

 (新日本プロレス公式サイトより)

結局、次の防衛戦の相手はこの日の挑戦者チームでもあるBULLET CLUBチームになったわけですが、こんな挑発的な言葉を受けて黙っていたらそれこそ腰抜けと言われても仕方ありません。そこに立ち上がったのが第三世代の3人でした。

 

本隊とCHAOS

最近では本隊とCHAOSでタッグを組むことも多く、ユニットとしてのCHAOSの位置付けが曖昧になってきています。しかし、石井選手だけは本隊としっかりと線引きをしているように見えます。もちろん石井選手も本隊の選手とタッグを組むこともあるのですが、タッチはCHAOSの選手としかしませんし、本隊選手との連携もやりません。特に印象的だったのは、2021年4月10日のROAD to レスリングどんたく2021 横浜武道館大会のCHAOS&棚橋vsBULLET CLUBのイルミネーションマッチです。序盤、CHAOSチーム得意の太鼓の乱れ打ちを連発していたのですが、棚橋選手がその輪に入ろうとすると、それまで乱れ打ちに参加していた石井選手がスッとその輪から抜けたのです。俺は本隊と馴れ合うことはしないぞ、という強い意思表示のようにも見えた瞬間でした。現在のCHAOSの中で、本隊チームに対して感情剥き出しで挑発できるのはもはや石井選手しかいないのかもしれません。

第三世代の闘争

2021年に入り、第三世代が新日本の中心に戻りつつあります。1月31日の愛知県体育館大会では小島vsウィル・オスプレイ、天山vsグレート-O-カーンが組まれるなど、シングルプレーヤーとしてますます評価されています。加えて、永田選手のUS王座挑戦、小島選手のIMPACT参戦など、アメリカマット界でも日本のレジェンドここにありというのを見せつけてきました。そして6月16日後楽園ホール大会、18日キラメッセぬまづ大会で第三世代の3人でタッグを組んで試合を行ったことで、NEVER6人タッグ挑戦への機運が高まっていました。

今回、石井選手の挑発に対して受けて立つという形で第三世代の3人は挑戦をアピールしました。しかし、仮にBULLET CLUBチームが勝利していたとしても、この3人は同じ行動に出たことでしょう。それほどまでに3人が充実しており、輝きを取り戻しつつあるベストなタイミングでの挑戦表明だったと思います。

今後の興行スケジュール的には、タイトルマッチが組まれる可能性があるのは7月10日、11日の北海道・真駒内セキスイハイムアリーナ大会でしょうか。あるいは7月22日から25日のビッグマッチ4連戦のどこかでという可能性もあります。それともその間の後楽園ホール大会でしょうか。個人的には、東京ドームなどのビッグマッチでNEVER6人タッグ選手権を行うのは避けていただきたいところです。観客との距離が近い、後楽園ホールや地方中規模会場のメインイベントとNEVER6人タッグは相性がいいように思います。ビッグマッチでの山盛り注目カードの1つというよりは、感情移入した上でメインイベントとしてじっくりと見たい、それが現在のNEVER6人タッグではないでしょうか。

 

他の人気プロレスブログはここをチェック!クリックで応援していただけましたら嬉しいです。


プロレスランキング

 

ディック東郷選手のことをよく知ることができます。オススメです。

 

プロレスラー・ディック東郷の意地と執念

 

2021年6月22日、KIZUNA ROAD 2021 後楽園ホール大会のメインイベントはNEVER6人無差別級選手権試合でした。CHAOS組が防衛記録を伸ばすのか、BULLET CLUB組が王座を奪取し、ディック東郷選手が久々の戴冠なるかなど、楽しみの多い試合でした。

サプライズの入場シーン

クライマックスは唐突にやってきました。チャレンジャーチームの先陣を切って入場してきた裕二郎選手の傍には、2020年2月9日後楽園ホール大会以来のピーターさんが寄り添っています。タイチ選手の大一番にディーバのあべみほさんが帰ってきたように、裕二郎選手の大一番にピーターさんが帰ってきました。まさにサプライズです。やはりピーターさんがいると会場が華やかになります。この時点で後楽園ホールに詰めかけたファンは入場料の元を取ったとも言えるでしょう。

プロレスラー・ディック東郷

BULLET CLUBでのディック東郷選手はほとんどがEVIL選手のセコンドとしての登場でした。しかし、隆起した両腕の筋肉、時折見せる機敏な動きはまだまだ現役レスラーの片鱗を見せていました。そうした姿を常に間近に見ているEVIL選手は、盟友のディック東郷選手を再び表舞台で輝かせたい、輝くことができるという確信があったのでしょう。それは、自分を闇の王として再生してくれたディック東郷選手への恩返しだったのかもしれません。

リングに上がったディック東郷選手は、大ベテランでありながら機敏な動きで攻め立てます。特に石井選手と向き合うと、さらにディック東郷選手の動きにキレが出てくるようです。ディック東郷選手が内に秘めているプロレスラーとしての本能が石井選手によって引き出されるのでしょう。そこにいたのはSPOILERディック東郷ではなく、プロレスラー・ディック東郷でした。

今日のディック東郷選手は一味も二味も違いました。普段もレスラーとしてリングに上がったときに見せる、美しいフォームのフィストドロップ。高くて重いセントーン。そして執拗なクロスフェイスなど、高いテクニックを見せつけます。そして、新日本マットではほとんど見せたことのないペディグリーを決めた後、ディック東郷選手がトップロープに上がります。多くのファンが待ち望んでいたダイビングセントーンがここで見られるのか!というところにカットが入り、結局は未遂に終わります。そして、長時間にわたるディック東郷選手と石井選手とのマッチアップで、いつどちらがフォールを取られてもおかしくない攻防が果てしなく続きました。最後はブレーンバスターでフォールを奪われますが、プロレスラー・ディック東郷としての意地を見せました。

試合には負けましたが、ディック東郷はまだまだ健在であることを見せつけることができたのではないでしょうか。次のチャンスはいつ、どこにあるかわかりません。しかし、プロレスラーとしてのディック東郷選手もまだまだ見たい、そう思わせる試合でした。

 

他の人気プロレスブログはここをチェック!クリックで応援していただけましたら嬉しいです。


プロレスランキング

 

ディック東郷選手のことをよく知ることができます。オススメです。